2017年02月23日

幼稚園教員養成校と付属幼稚園を訪問

2017年2月21日、プノンペンの国立幼稚園教員養成校を訪問し、ソリダ校長と今後のエファからの支援について協議を行いました。
SCADPソカリ代表も同行してくれました。

カンボジアの幼児教育を語り合うが、どうしても女子会っぽい雰囲気に
IMG_3251.JPG

国立幼稚園教員養成校は、1996年の設立時から自治労が「アジア子どもの家活動」の一環として支援を行い(2004年からエファジャパンが活動を継承)、最初の校舎を建て、関係者を日本に6か月招聘して研修し、貧しい訓練生やスラムの子どもに奨学金を提供し、継続的に保育技術の指導を行ってきたのでした。

ソカリ校長、小学校教育とのリンクのために研究を欠かさない
IMG_3265.JPG


今でこそ日本の複数のNGOが養成校を支援していますが、養成校、ソリダ校長と自治労、エファとの絆は、他団体とは比べ物にならないほど長く深いのです。

幼稚園の算数教材(2014年)は大好評。自治労京都府本部が印刷支援。
IMG_3230.JPG

養成校一筋に仕事をしてきたソリダ校長が、この3月で定年退職を迎えます。
次の校長はまだ決まっていません。
「ようやくプライベートな時間が持てるわ」と笑うソリダ校長ですが、ナロン教育大臣から省に慰留され、3月初旬の国際会議まで回答を保留中とか。
ナロン大臣、もうひと押しです!


ソリダ校長とエファの支援について熱く語り合った後、敷地内にある付属幼稚園をのぞきました。
日本からの技術協力がたっぷり入っているおかげで、園内は明るく楽しい装飾であふれています。

IMG_3272.JPG

IMG_3280.JPG

IMG_3277.JPG

お昼どき、いっぱい食べて満足
IMG_3291.JPG

ボーズで決める!
IMG_3300.JPG

こんな顔もできるよー!
IMG_3306.JPG

子どもたちは付属幼稚園でのびのび生活しています。
カメラを向けると、最初はポーズで撮影の遊びだったのが、すぐに変顔大会になり、カメラ前は押すな押すなの大騒ぎ。
私は子どもまみれになって、幸せなひとときを過ごしました。
(小)

2017年02月22日

カンボジアで交通事故に逢いました。

2017年2月20日昼過ぎ、SCADPのソカリ代表と一緒に、プレアビヒアから借上タクシーでプノンペンに向かう途中の出来事です。

国道6号線のスカンの手前、Tang Kok Market付近を結構なスピードで走っているときでした。
2人乗りのバイクが国道の右手から超低速で道を横切ってきました。
タクシーはブレーキを踏みつつもよけきれず、結構な速度のままこれに突っ込み、バイクの2人は転倒して道路に叩きつけられました。大きな流血は見えませんでしたが、2人とも歩けなくなり、1人は起き上がることさえままなりませんでした。私の記憶では、2人ともヘルメットをしていませんでした。負傷者は周囲の人々に助けられながら道路際に退避しました。

事故直前、私は後部座席から前を見ておりとっさに受け身を取りましたが、軽い打撲を負いました。ソカリさんは前席にいて心配しましたが、シートベルトをしており無事でした。シートベルトをしていなかったらと思うとぞっとします。
タクシーはフロントバンパー周辺が大破しましたが、それ以外に車両に大きな損傷はありませんでした。車のフロントの衝撃吸収力というのは大したものだと思いました。

運転手は30歳手前くらいの男性で、見た感じは落ち着いていました。そして、現場に車を置いたまま、救護には手を貸さず、現場に駆けつけてくる人々とは反対の方向にゆっくりと歩いて、去っていきました。

そういえば、タイやラオスでの勤務当時、日本人仲間から「運転中に人身事故を起こしたら、車から降りずに運転を続けてその場から逃げろ」とよく聞かされました。理由は、救護などしていると被害者家族から袋叩きに遭う、警察に拘留され法外な慰謝料と賄賂を要求され払わないと釈放してもらえない等々です。

でも事故現場から逃げる運転手を見たのは初めてで、あ、本当に逃げるんだ、と驚きました。悪いのは明らかにバイクの方で、目撃者も大勢いるのにです。多くの途上国では加害者も被害者も司法による紛争解決を信用しませんが、この国もまたそうなのかもしれません。

まもなく警察が到着して現場検証開始。救急車の音もしたので、負傷者が病院に運ばれたのでしょう。私とソカリさんは車から荷物を降ろし、現場近くの親切な米倉庫で休ませてもらいました。

その場で警察から簡単な事情聴取があり、ソカリさんは、車は借上タクシーであること、運転手はいなくなったこと、バイクが道を横切ってきたこと、私は外国人でクメール語は分からない等を説明していたと思います(95%推測ですが)。
私は、借上車のことはタイ語と同じでクメール語でもロットマオと言うのだなあと、ぼんやり聞いていました。

事故ちょっと前の昼食時、私はソカリさんに「プレアビヒアの移動用にバイクが欲しい」と話したばかりでしたが、バイクの危険さを肌で感じました。

そして、新たな車をチャーターして走り出して間もなく、今度は前を走っていた生コン車がハンドルを切り損ねて横転し、畑に突っ込んでいきました・・・。

さて問題です。プレアビヒアとプノンペンの間の移動は、何を使うのが一番安全でしょうか。
しばらくは怖くてタクシーに乗れない気がします。バスは9時間かかり拷問ですし、夜行バスなら眠ってしまうので楽ですが、事故だけでなく盗難も懸念されます。シェムリアップまで飛行機で移動しても、そこからプレアビヒアまで4時間近く車を飛ばすので、事故の危険に大差はありません。
悩むところです。

負傷者が出ているので写真は不謹慎と思い、今回は文章だけとなりました。
負傷者の方の早期回復を祈ります。
(小)

沖縄とカンボジア、農業の絆

2017年2月14-15日、自治労沖縄県本部から農業協力のための視察チーム2名をお迎えしました。目的は、SCADPプレアビヒアセンターの食料事情の改善、子どもたちの栄養改善です。
沖縄とカンボジアは気候や植生が似ているので、沖縄の農業経験はきっとカンボジアにも役立つはずです。

プレアビヒアにも♪でいごの花が咲く♪ @プレアビヒアブティックホテル
IMG_3156.JPG

自治労沖縄県本部チームは、2日間にわたり、SCADPの敷地内の休耕地や貯水池の大きさを測量し、貯水池や地下水の状況、地質、農業機械を調査し、整地や灌漑の必要性を検討し、市場で売られる野菜や果物を調査しました。

IMG_3151.JPG

IMG_3136.JPG

IMG_2967.JPG


SCADPの敷地内にはマンゴーや竜眼(ロンガン)、ジャックフルーツの木など果樹が多く植えられています。果樹や花木の栽培も一案ですが、果樹について、SCADPのソカリ代表は「実が大きくなる前に、子どもたちに全部食べられてしまう」と嘆きます。
貯水池では魚の養殖もしていたそうですが、「子どもたちが勝手に魚を採り、その辺で焼いて食べてしまう」のでやめてしまったとのこと。

農業の天敵といえば昆虫が相場ですが、SCADPでは子どもが天敵と分かり、(ソカリさんには悪いですが)そのやんちゃぶりに爆笑してしまいました。
ただ、子どもたちはそのくらいお腹が空いているということですから、この農業プロジェクトには大きな意義があります。


地質調査のために一生懸命土を掘っていると、中学1年生の3人組が手伝いに来てくれました。
「農業に興味ある?」と尋ねると、微妙な感じに。
「将来の夢は?」と尋ねると、(写真左から)国語の先生、小学校の先生、医者と答えます。残念ながら農業には興味なさそうです。

背景の建物は2015年自治労沖縄県本部寄贈の男子寮(新寮)
IMG_3154.JPG


カンボジアの農業は、雨季に稲作を、乾季前半に野菜作りをして、乾季後半は水不足のため農業はお休みとなります。
乾季前半は学校の新学期と重なるため子どもたちは忙しく、また、農業はSCADPの子どもたちに不人気のようなので、手のかからない野菜がいい、できれば灌漑せず雨水で育てられるものがいいと思い、エコパークのソムチットさんに相談に行きました。

エコパークにて
IMG_3211.JPG

クボタの最新機、アタッチメントの付替で何でもできます
IMG_3123.JPG

ソムチットさんに様々教わった結果の結論。芋類です。
雨季の初め、5月頃に植付をすれば雨水で根を張り1月頃に収穫できるとのこと。ほとんど手間いらずです。
沖縄と言えば紅芋です。紅芋は栄養豊富で、準完全栄養食と言われます。
お腹に溜まるし、保存も、加工もできます。これしかない! 
そして、前職で沖縄に2年勤務した私は、紅芋タルトが大好物なのでした。

ソムチットさんには有機農法についても教えていただき、堆肥にも地下水浄化にもEM菌を使うとのこと。
今日の有機農法に欠かせないEM菌ですが、最初に開発したのは琉球大学だそうで、ここでも沖縄農業との縁を感じます。


自治労沖縄県本部は調査結果を持ち帰り、支援方針を検討するとのことです。

沖縄の皆様、紅芋支援お待ちしています!
(小)

カンボジアのシーサーと、ガオー!
IMG_3194.JPG

そして2人は天空へ、ではなく沖縄へ帰っていきました
IMG_3179.JPG

2017年02月21日

プレアビヒア・エコパーク訪問

2017年2月12日と14日、プレアビヒア州スロアエム郡のエコビレッジ内にあるエコパークを訪問してきました。

以前から、同じプレアビヒア州で活動をするNGOとして、プレアビヒア日本協会の活動状況は気になっていました。
先日、プレアビヒア―プノンペン間の夜行バスで、偶然、エコパークのスタッフであるソムチットさんと寝台が上下になり、言葉を交わし、今回のご縁ができたのでした。

エコパークの整備は少しずつ進んでおり、散策路やカフェコーナー、有機農場ができているほか、牛や鶏の飼育も始まっています。今後、宿泊施設やレストラン、職業訓練施設、村の活動センターなどが作られていくことでしょう。

近くの湖
近くの湖.JPG

散策路の花
散策路の花.JPG

私はしばらくベンチに腰掛けて林を吹き抜けてくる風に吹かれていましたが、
本当に気持ちが良くて、想定外の幸福感に包まれてしまったのでした。

この美しさは写真では伝わらない、いや写真が下手なのか
この地の美しさは写真では伝わらない.JPG

シンボルツリー候補
シンボルツリー候補.JPG

子どもの教育問題を扱っていると、結局、親世代の収入向上や地域の産業育成の問題に行き当たるということは、子ども支援関係者なら誰しも経験するでしょう。エコパークが、この地域の貧困削減と教育環境の向上に寄与してくれることを願ってやみません。

近くには小中高校ができており、今年初めての卒業生が誕生するとのこと。これからの村の若き担い手として成長してくれるといいですね。

村の子どもたちもエコパークがお気に入り
村の子どもたちも遊びにきます.JPG

森田会長とお話していて、カンボジア内戦最後の激戦地だったこのプレアビヒアが、平和になり、人々が普通に暮らせるようにならないと、インドシナ戦争は本当の意味で終わったことにはならないのだ、との思いを強く持ちました

突然にも関わらず快くご案内くださった森田会長、本当にありがとうございました。
(小)

森田会長、村の子どもたちに囲まれて
森田さん、子どもたちに大人気.JPG

おやつとカレーライス

自治労千葉県本部のボランティアツアーの続きです。

活動中の2日間、調理部隊のメンバーがSCADPの子どもたちに、おやつとして、1日目はカップケーキ、2日目はフルーツポンチを提供してくれました。
また、2日目夜の交流会では食べ放題のカレーパーティーをしました。

フルーツポンチにお代わりの列
フルーツポンチにお代わりの列.JPG

みんなでカレーの芋むき
みんなでカレーの芋むき中.JPG


実は出発前、メニューを何にするか、侃々諤々の議論がありました。子どもたちが普段見たこともないような豪華メニューで楽しませるのか、あるいは彼らの日常を大切にするのか。
そもそも活動として何を選ぶのか、支援物資として何を持っていくのかでも、チームが決裂しかねない大論争がありました。

現地の情報は少なく、人によって考え方は様々です。正解はないし、これがベストと思っても、現地に行ったら違うかもしれない。でも、自分たちで最後まで考えようとするチームの皆さんの姿に、私は感銘を受けたのでした。

バルーンアートは大盛況
バルーンアートは大盛況.JPG

オセロゲーム、大人げない戦いが続く
オセロゲーム、大人げない戦いが続く.JPG


活動が成功だったのか失敗だったのか、それはチームの皆さんが決めること。
でも、子どもたちの笑顔を見れば、答えはおのずと分かります。

シャボン玉とんだ
シャボン玉とんだ.JPG

カンボジアで子だくさん
カンボジアで子だくさんになりました.JPG


SCADPのスタッフは子どもたちへの愛情に満ちていますが、いかんせん、大人の数が少ない。
子どもたちはチームの皆さんとたくさん交流できて、よほど楽しかったのでしょう。皆さんが帰った後、数日間は脱力したように過ごしていました。


現地との間に立ち、オーダーメードの受入準備をする私にとって、これほど大変なツアーはありませんが、
でも、これほど子どもたちの笑顔が輝くツアーもないように思います。

また、子どもたちの笑顔に会いに来てください。お待ちしています。
(小)

心をこめて、感謝の舞
IMG_3074.JPG

プレアビヒアのSCADPをリニューアル

2017年2月6日から9日まで、自治労千葉県本部から12名のボランティアチームの皆さんが、SCADPプレアビヒアセンターを訪れ、約2日にわたって、主に、女子用のトイレ・浴室及び男子寮(旧寮)の塗装をしてくださいました。

チームが作業を始めると、あちらこちらで自然発生的に小さな職人さんが出現し、チームの皆さんに優しく教えてもらいながら、真剣なまなざしで刷毛を握りペンキやニスを塗っていました。

師匠と弟子
師匠と弟子.JPG









弟子独立
弟子独立.JPG










僕の家だから僕がやる
僕の家だから僕がやる.JPG















主役は子どもたち!
主役は子どもたち!.JPG















背伸びして、大きい子に負けない
背伸びして、大きい子に負けない.JPG















男の子はこういう作業が好きだなあと思って見ていたところ、次第に女子も参戦。
大事な学校の制服をペンキだらけにするまで熱中していました。

悲劇はこの後起きる
この後悲劇が起きることを、まだ誰も知らない.JPG
















トイレ・浴室の塗装は、特に内壁は湿気で剥げていましたが、今回の作業で内壁、外壁とも一新。ボロボロになっていた2枚のドアも取り替えていただいて、ピカピカのトイレ・浴室に生まれ変わりました。
学校の新築校舎みたいにピッカピカ.JPG










男子寮の旧寮は、腐った土台を何年か前に取り替えましたが、今回、防腐剤入りのニスを塗ってもらったおかげで寿命が延びます。床下の狭い部分は小さな職人さんたちが潜り込んで、塗装をしてくれました。
地味な持ち場を頑張りました!.JPG










自治労千葉県本部の皆さん、そして小さな職人さんたち、お疲れ様でした!
そして、ありがとう!
(小)

2017年02月11日

支援地での子ども達の交流

今週、鹿児島県労働者福祉協議会の皆さんがカンボジアの支援地を訪問された時にアテンドし、子ども達との交流も実施しました。

支援地を訪問された支援者の皆さんには、出来るだけ子ども達との交流する機会を設けるようにしています。

ただ交流と言っても、「子ども達と好きに遊んでくださーい」というような丸投げ状態ですが…

支援者の方は大抵子ども達と遊ぶための玩具を日本から持ってきてくれるのですが、やはり一番心配されるのが、言葉の問題です。

通訳を一人一人に付けて、子ども達と遊ぶのをサポートする訳にはいかず、基本的に通訳なしで、見様見真似やジェスチャーで子ども達と遊んでもらうことになります。

私もエファで働き始めた当初、日本から支援者の方が支援地を訪問した時、どのように交流をアレンジするか頭を悩ませたものです。

しかし実際は頭を悩ます必要もなく、場数を踏むにつれ、子ども達と遊びを通した交流であれば言葉が通じないことは問題ではなく、支援者の方と子ども達に任せておけば、後は自由に遊んで楽しみ、交流を深めてくれるということが分かってきました。

DSC06873.jpg

縄跳び、風船でのラリー、鬼ごっこ、真剣な眼差しで折り紙を折ったりと、元気一杯の子ども達と一緒に遊び時間が経つにつれヘトヘトになる支援者の方も少なくありません。

DSC04319.jpg

私がすべきなのは、皆さんが子ども達と遊んでいる姿をパチパチとカメラで写真を撮ることくらい。

DSC02677.jpg

無秩序に行なわれる遊びですが、支援者と支援地の子ども達の心を繋げるこれらの遊びは、支援地訪問の中でも最も重要なプログラムです。

(崎)

2017年01月29日

ベトナムの子どもにお土産を渡す悩ましい習慣

ベトナムは今、テト(旧正月)休暇中です。今年のテトの元旦は1月28日。テトはベトナム人にとって一番大切な休日で、テトが近づくと町中が浮かれた雰囲気に包まれていきます。

しかし、子ども関係の支援をする海外団体には悩ましい習慣が…

それは支援先の子ども達にお土産を配らなくてはならず、そのための出費が嵩むこと。

しかも、このように子ども達にお土産を配る習慣は、テトだけでなく、子どもの日、中秋節と年に3回あります。「お土産を配らなくてならない」とは勿論法律で決まっている訳ではないのですが、子ども関係の支援を行っている団体にとって、ベトナムの習慣として、支援先の子ども達にお土産を配らないという選択肢はないと個人的に思っています。

ベトナムでは子ども関連の機関、施設、センターで、支援の要望としてまず挙がるのが、「テト、子どもの日、中秋節のお土産の支援」です。

これは現地の人々の支援ニーズと言えるのだろうか?と、悩んでしまいます。

お土産の中身は大体、お菓子やミルク、調味料などです。これらをテト、子どもの日、中秋節に支援先の子ども達にお土産として配らないと、現地の人達からは「あれ?なんでお土産を配らないの?あなたの団体はベトナムの文化を知らないの?」って感じに思われてしまいます。

もしエファがお土産を配らなければ、現地の協力機関(エファの場合はハイフォン市ソーシャルワークセンター)の地元政府や子ども達に対する面子が潰れ、ゆくゆくは協力機関、そしてエファが現地で活動をしにくくなってしまいます。

Hung Tien(1).jpg
テトのお土産を支援先の子ども達に配布


ただ、困難な子ども達とは言え、皆様の寄付金などからなる支援を持続性のあるプロジェクトや活動費でなく、一過性のエンターテイメント的色彩の強いお土産のために使っていいものか… 「支援金をそんなにお土産代に使っては支援者に説明がつかない」と時折言っては現地政府には態度として示しお灸を据えます。

彼らからは大体、「そうとは分かっているけど、お土産は挙げない訳にはいけない…」というような回答が返ってきます。

「支援先の子ども達にお土産を渡すことが本当に必要なら、現地の政府が自分達でお金を出せばいいんじゃない?」という声を日本人から言われることもあるのですが、実はこの時だけは現地の政府も、エファからのお土産とは別に、自分達のお金で子ども達へのお土産を購入して一緒に配ることも少なくありません。

また、現地政府だけでなく、地域の企業や子ども好きな住民も寄付をしてお土産を渡したりします。地域の全世帯が少額でも寄付をして、子ども達にお土産を購入して配っている村もあります。

Hung Tien(2).jpg
地域の住民がテトのお土産を贈呈

「う〜ん。う〜ん。それでも支援金の使い方として、日本人として何か心に引っかかるなあ」と思いながら、今年のテトも支援先の子ども達にお土産を配りました。 (崎)
09:59 | Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

遺産で学校図書室を25校に

昨年4月、エファジャパンは1,000万円の大きな寄付をいただきました。

これは、ある個人の方が社会貢献団体への寄付を条件として
親しい知人の方に残した遺産の一部で、
遺産を相続された方が遺言通りいくつかの団体等へ寄付をされた中に
エファジャパンが入っていたのでした。

エファジャパンでは、このご寄付でラオスのヴィエンチャン都の学校10校と
フアパン県の学校15校に学校図書室を設置することにしています。
(設置後3年間で2回のモニタリングと図書の追加も行ないます)

12月に、最初の1校に図書室が設置されたので見てきました。

IMG_2754.JPG
続きを読む
13:23 | Comment(0) | ラオス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

イエン村をご紹介

エファジャパンはカンボジア北部の州(県)プレアビヒアで
学校が無い、あるいは先生が赴任していない地域の子ども達のため
寺子屋教室で小学校6年間の課程を修了できる体制を整える
パイロット事業を実施しています。

IMG_2598.JPG

現在事業を実施しているのは
プレアビヒアの中心地スロアエムという町から
バイクで1時間半ほど奥に入ったイエン村。

新しく高学年用の寺子屋教室を設置するにあたり
事前の調査のため12月にイエン村を訪問しました。
 
続きを読む