2012年06月29日

ただいま引越し準備中

ホームページやエファ通信などでも既にお知らせしているとおり、エファジャパン事務局は7月11日に引越しをします。

数ある物件の中から、今の事務所に比較的近くて条件のあった所に候補を絞り込み、移転先が決まったのが今年の3月。

引越しが決まってからは、新しい事務所内のレイアウトや引越しまでのスケジュールをスタッフで相談し、準備を少しずつおこなってきました。

新年度が始まり、先日総会が終わって一段落したところで、気がつくと引越しまであと10日あまりに。いよいよ引越しの日が近づいてきました。
続きを読む
16:29 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

50、60年前の日本を思い出させるベトナムの農村

50、60年前の日本を思い出させる...と表題に書きましたが、私はその頃はまだ生まれていませんのでよく分かりませんが、年配の日本人の方がベトナムの農村を訪れられた時、よく仰る言葉です。その言葉を聞く度、「へえ〜、50、60年前の日本ってこんなんだったんだ」と思いながら、何故か感慨に浸ってしまいます。

先日、私がエファジャパンに入団する前、住んでいたことのある農村部の村に遊びに行きました。そこは、ハイフォン市からバスに乗って2時間で到着する、ベトナムの農村部の中でも経済的に平均レベルの農村です。

この村では、ほとんどの家庭はテレビと冷蔵庫は持っていますが、洗濯機や冷暖房はなく、水道から熱い湯は出ないため、夏は水シャワー、冬は沸かしたお湯を大きな洗面器に溜め水で薄めて、体を洗います。水は雨水を使います。ガスを使っている家庭はまだ多くなく、練炭で料理をしています。生活をすること自体に時間がかかってしまいます(ので、仕事には集中できません)。

また時々、子どもが水牛を連れて道を歩いています。この村を訪れる年配の日本人の方も、「昔の日本を思い出す」とよく仰います。ベトナムの70%はまだ農村部ですので、他の地域も大体こんな感じです。

ただし、農村部でもパソコンや最新の携帯電話も持っている人が増えてきており、昔の日本に現代の電化製品が紛れ込んだ状態になっているのかもしれません。

経済発展するに連れ、地域間の経済格差が拡大していると言われるベトナムですが、実際に農村部に行くと、道が舗装されていたり、灌漑設備が作られたりと、農村部の経済も着実に発展してきているのが実感できます。

農家の人の生活はまだまだ苦しいですが、それでも少しずつ自分達の生活も良くなっていると感じている農家の人達も少なくありません。しかし、村の役人は、まだあまりする仕事がないためそれ程忙しそうではありません。

一方でハイフォン市に駐在し始めて、ハイフォン市の役人が忙しく働いているのを見て、少しびっくりしました。ベトナムの役人はあまり忙しくないだろうと思っていたことをちょっと反省しました。

ハイフォン市では農村部ほど時間のゆとりを感じませんが、多くの家庭では、洗濯機を持っており、水道から熱いお湯が出て、ガスで料理をしています(冷暖房機を持っている家庭はまだ少ないです)。また、あまり家にゴキブリやネズミ、ムカデ、蛙が侵入してきません(私が農村部に居た頃は、蛇が家に侵入してきたことも)。さらに、日本食レストランもあります。

ハイフォン市に駐在している日本人の方から、ハイフォン市には何もないとよく聞きますが、私にとってハイフォン市は天国(言い過ぎ?)です。時々、農村部の人々の人懐っこさと静けさが懐かしくなりますが、快適な生活環境の中だからこそハイフォン市では仕事に集中できます。都市部には都市部の良さが、農村部には農村部の良さが確かにあります。(崎)
02:39 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

子どもたちの考える力

つい先日観た映画(DVD)。

『小さな哲学者たち』

フランスのある幼稚園で2年間に渡り試行された
「哲学」の授業を追ったドキュメンタリー。

続きを読む
16:39 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

久しぶりのボランティア

 先月、シンポジウム『移住労働者の女性と子どもを考える』を開催しました。その際、移住労働者と連帯する全国ネットワーク共同代表の山岸素子さんから、日本で生活するフィリピン人母子家庭の困窮状況を報告していただきました。彼女は、カラカサン(フィリピンのタガログ語で「ちから」を意味する)という在日フィリピン人シングルマザーと子ども達の支援をしているグループの共同代表でもあります。

 彼女から、毎週日曜日に子ども達の学習指導をしていることを聞き、先日会場の教会に行ってきました。当日は5人の小学生に5人の成人がマンツーマンで教えることになりましたが、正直小学生の学習指導には自信がありませんでした。幸い九九の指導だったため、難なく教えることができホッとしました。

 エファの活動も多くのボランティアに支えられています。NPO活動の原点であるボランティア精神を忘れないためにも、この学習指導を続けたいと思います。(大)
09:44 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

5月のエファボラ&今年のベトナム布袋

先週5月24日は、エファボラデー(月に1回のエファ事務局でのボランティアデー)でした。

普段は毎月最終木曜日にエファボラデーを実施しているのですが、5月は総会資料の発送準備があるため、一週間繰り上げて実施することに。

今回は、初参加の方&リピーターさんの総勢5名のボランティアさんが参加してくれました。
続きを読む
11:43 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする