2013年02月02日

カレーを食べないベトナム人

ベトナムに来た当初、最も驚いたことが、ベトナム人はカレーを食べないということでした。それを知った時、カレーが大好きな私個人としては、「なんで?意味が分からない」と一瞬頭が混乱して、相当なカルチャーショックを受けたことを今でも覚えています。

あるベトナム人に何でカレーを食べないのか聞いたところ、「色が気持ち悪い」との返事。確かに、ベトナム人の色彩感覚は他国の人とは違うから、あの色は気持ち悪く見えるのかもなぁーと、少し納得。

最近では、少数ながらカレーを食べるベトナム人もいるようですが、それでも家庭の食事にカレーが出されることは、ほぼ皆無です。

従って、私はベトナムでカレーを食べたくなった時は、日本食レストランに行くか、ハノイにある外国人向けのインド料理店に行って食べています。

ところが半年くらい前、ベトナムのKFC(ケンタッキー)の各店舗で一斉にカレーがメニューとして販売され始めました(ベトナムにもKFCはあるんです)。料金は、コーラーが付いて2万9000ベトナムドン(約130円)とお得。じゃがいもの代わりに甘いさつまいもが入っているところが、個人的には納得いきませんでしたが、味もそこまで悪くありませんでした。

特に食習慣に関しては保守的なベトナム人が、とうとうカレーも受け入れる気になってくれたのかと嬉しく思い、私もよく近くのKFCに行ってカレーを食べていました

しかし、先週KFCにカレーを食べに行ったとき、メニューから消えていました。やはりベトナム人にはカレーは受け入れられなかったのかと思案しながら、結局何も食べずに店を後にしました。そこの店のスタッフからは、「最近あなたよく見るけど、この近くに住んでいるの?」と言われましたが、これからは、あまり見かけることもないでしょう。

ラオス人みたいに、皆がカレーを食べるようになり、大衆向けの食堂にでも出されるようになれば、私の食費も随分浮くのになあといつも思い馳せています。(崎)

14:07 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする