2013年08月28日

進歩と悩み

今や誰もが持ち、欠かせないツールとなっているスマホ。
ほんのちょっと前まで、ワンセグやおサイフケータイ等の機能がついて、
最先端とうたわれていた携帯電話も、
今ではガラケー(ガラパゴス携帯)と呼ばれ、
もはや石器時代の遺物のような扱いです。

その昔は、未来を描くアニメの世界のものだと思っていたのものが、
ポケベルが登場してからスマホに至るまで、
無線通信技術の世界は、猛烈な勢いで変化してきました。

けれども、この進歩が思いもよらない危険も生み出しているようです。
歩きながらスマホを使っていて、人にぶつかったり、
駅のホームから転落したり、せっかく備わったはずの五感も、
全神経をスマホに集中しすぎていて、生かされないまま。

前の方から視覚障害の人が、点字ブロックをたどりながら、
カンカンと白状の音を鳴らして歩いてきても、
全く気づかずに、そのまま突進。
何故か、ぶつかった側ではなく、ぶつかられた全盲の人の方が
「あ、すみませんでした」と謝っている姿を見かけたこともありました

さすがに事故が増えたせいか、最近では「歩きスマホは危険」
というマナー広告も登場し、
駅でのアナウンスも入るようになったのですが、
新宿駅に登場した「危険です。歩きスマホ(本人はこの広告を見ないだろうけど)」
という広告が、その効果の程を物語っているような・・・。

文明の進歩と思っていたものが、人を退化させてしまうのか・・・。
うーん、進歩って一体何だろうと考えてしまう今日この頃でした。(中)
18:26 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

ベトナムの日本人会

ベトナムには多くの日本人が住んでいるため、たくさんの日本人会があります。

何かしらの共通点を持っている人達が集まって楽しく食事をするだけの会から、ベトナムの歴史を勉強するための真面目な会まで様々な会があります。そこで、興味深い日本人会を幾つか紹介したいと思います。

・越南河内猛虎会
一見すると何の日本人会か分かりにくいですが、ひらがな読みにすると「えつなんハノイもうこかい」。要するにベトナム・ハノイの阪神タイガース私設応援団の日本人会です。ハノイ在住の阪神ファンが定期的に集まって、阪神のことを語り合いながらワイワイガヤガヤ食事する会です。ちなみにプロ野球12球団の中で、ベトナムに日本人会がある球団は阪神タイガースだけだそうです。阪神タイガースファンはどこに居ても熱いですね。

・74年会(1974年生まれ)、77年会(1977年生まれ)、81年会(1981年生まれ)など…
これらは各年に生まれた人達の親睦会です。最近では、この手の日本人会は増えていることから、もしかしたら1970年〜1985年くらいの各年の人が集まる会であれば、ほとんどの年の会が既に設立されているのかもしれません。同じ年齢の人だと、話も合いますし、少しくらいの無礼講も許されます。ちなみに活動内容はやはり月1回などの割合での食事会です。

・恐妻会 
結婚前と結婚後では「猫が虎に変わる」と言われるベトナムの女性(あくまで一般的な通説で、決して、決して個人的な見解や印象ではありません!)。恐妻会はそんなベトナム人女性と結婚してしまった日本人男性の親睦会です。活動内容は、レストランで食事をして、ベトナムで家族を持つことについての情報交換や嫁とのちょっと怖い日々の生活を同じ境遇の日本人男性と共感し合うという、切なくもそれを笑いに変えてしまう会です。比較的ゆるい集まりであるベトナムの日本人会には珍しく、この会にはきちんと決められた会則があります。ちなみに会則第1条は「定例会に女房は連れてこないこと」だそうです。(崎)

17:02 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

Facebook はじめました

このたびエファジャパンのFacebookページを開設しました!
https://www.facebook.com/efajapan.org

ついでに(あ、いや、ついでじゃないですよ)Youtubeチャンネルも!
http://www.youtube.com/channel/UCdWyzG4-W_QN6BJn2Bl1nXA

Facebookページを持っておられる方は
ぜひ「いいね!」していただければ幸いです。

続きを読む
11:57 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

カンボジアの交通標識

写真は、カンボジアで見かけた交通標識です。

カンボジア交通標識(1).jpg

カンボジア交通標識(2).jpg

駐車禁止の標識であることは想像できると思います。
では、中央のローマ数字は何を意味するのでしょうか。
Tは奇数日に駐車禁止、Uは偶数日に駐車禁止だそうです。(大)
17:29 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

日本の夏の風物詩?

先週末、東京では有名な隅田川の花火大会が開催されたのですが、
突然襲ったゲリラ豪雨により、なんと30分で中止。

その日は新宿でも夜の花火を楽しみにしている浴衣姿の若い女性を
お昼前からたくさん見かけましたが、せっかくの艶姿もこの豪雨でズブ濡れ。
帰るのがかなり大変だったそうです。

さて、夏といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?

花火大会、盆踊り、風鈴、打ち水、うちわ、金魚、そうめん、などなど、
日本には情緒あふれる美しい風物詩が沢山ありますが、
夏というと忘れてはならないのが怪談。

怪談話を聞くイベントやテレビの番組など
お盆の辺りになると、怪談にまつわるものが増えてきます。
ひょっとしたら、この怪談も、日本人なら誰でも知っている、
立派な夏の文化と言えるのかもしれません。

実は私は、昔から恐い話が大の苦手で、
どうしても話の最後まで聞けずにいたのですが、
ある夏に意を決し、本を借りて、怪談のひとつを読破してみたところ、
怪談というのは、ただ恐いだけの話ではないのだなぁということに気づきました。

昔から語り伝えられている日本の怪談は、もちろん恐い話ではあるのですが、
人として守らなければいけないルールや、
弱いものに対する思いやりの気持ちを持つことの大切さなど、
破ると大変なことがあるよという、戒めを含んでいたのではないかと思います。

寝苦しい暑い夏を、身体の中から涼しくすごせるだけでなく、
人としてのメッセージも合わせて伝えるという、
昔の人達の知恵だったのかもしれません。

エファから近い場所にも、有名な「四谷怪談」ゆかりの場所があるようですし、
今年は、チャレンジして読んでみようかな(中)
17:40 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする