2014年03月29日

一人称単数代名詞

エファジャパンの事務局には、自治労中央機関紙「じちろう」が送られてきます。

3月21日号には「5500人が脱原発の声あげる」という脱原発集会の記事が掲載されていました。

その中の呼びかけ人のアピールには、「私たちは次世代に平和な未来を残していく責任を果たしていかなければならない」(大江健三郎氏)とか、「今の政治を許しているのは、われわれである」(秋山豊寛氏)というように、(参加者へのアピール故に当然ながら)一人称複数代名詞が使われています。

ふと、何年も前に高遠菜穂子さんからもらったメールを思い出しました。高遠さんは、2004年にイラクの武装勢力に拉致され、帰国後はイラク戦争を支持する人々からバッシングに会った人です。

彼女をバッシングした人々にとって、イラク戦争後の戦禍に苦しむ人々はどうでもよい存在でしょうが、彼女は今でもイラクの人々のためにボランティア活動を継続しています。

以前、中学生からストリートチルドレンに関する質問を受信したことがあります。その際、イラクでストリートチルドレンのための活動をしていた高遠さんを思い出し、知人を通じて質問を転送しました。

すぐに返信が届き、中学生の「私たちに何ができますか」という質問に対して、彼女は「私たちではなく、私に何ができるか、各自が考えてください」と答えていました。

アナクロニズムの政治を変革するため、「私」(一人称単数代名詞)が何をすべきか、考えなければなりません。(大)
18:31 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

出会いについて

3月下旬となり、そろそろ出会いと別れの季節がやってきました。

毎年この時期になると、大学の同じクラスの仲間が集まり、
残念ながら病気で早く旅立ってしまった友人のお墓参りに行くことが
私の恒例行事になっています。

友人たちと出会ってからどれ位経つのか改めて考えてみると、
知り合ってからの時間の方が、その前よりはるかに長くなっていました。

人は一生のうちに、はたして何人の人と出会えるのでしょうか。

一説によると、人が生涯に出会う人の数は、すれ違う人も含めると3万人、
その内学校・職場・ご近所で知り合うのが3千人、
その内友達まで発展するのが3百人、
またその中で親友になるのはわずか3人だそうです。

もちろん、インターネットが発達して、
更に、現在のように様々なソーシャルネットワークサービスが生まれてからは、
出会いの機会は格段に増えているのだと思います。

但し、苦労や喜びを共に分かち合い、気持ちや体験を共有できる人の数というと
それほど多くないのではないでしょうか。

この地球上に住む人間の数は約72億人。
その中で誰かと出会えるというのは、奇跡に近いことなのかもしれません。

そう考えると、何だかこれまで過ごした一瞬一瞬が
とっても愛おしく思えてきました。

「一期一会」 昔の人はとっても素敵な言葉を残しています。

これまでの数々の出会いに感謝して、
これから先は、今まで以上に人との出会いを大切にしていかなくては。

車の窓から見える早咲きの桜を眺めながら、そんな事を考えました(中)
00:41 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

日本とベトナムのちょっとした習慣の違い

日本とベトナムのちょっとした習慣の違いを挙げてみました。
ただし、ベトナム特有の習慣というわけでなく、これらと同じ習慣がある国は他にもあるようです。

・誕生日会では誕生日の人、送別会では送り出される人が会の費用を負担する
日本では誕生日会がある時は、祝ってくれる友人達が食費などの費用を払ってくれるのが一般的だと思います。送別会でも送り出す人達が割り勘で会の費用を払うのが普通です。しかし、ベトナムでは逆で誕生日会では誕生日の人、送別会では送り出される人が会の費用をほぼ全額負担するのが一般的です。この習慣は「会に来てくれてありがとう、これまでお世話になりました」、という発想が先行しているようです。

・昼休みが長い
昼に昼寝をする習慣があるため、昼休みが長いです。2時間くらいの昼休みは当たり前で、農村では3時間の昼休みを取る政府機関もあります。

・女性に体重を聞くことは失礼でない
女性に体重を聞くことは失礼ではありません。私も話の流れの中で、ベトナムの年頃の女性に体重を聞いたことが何度かありますが普通に答えてくれます。それでも一応、「日本では女性に体重を聞くことは失礼なので、聞いたりはしない」と言うと、「えっ、何で失礼なの?」という反応が返ってきます。

・これは習慣ではないですが、牛乳の消費期限がやたらと長い(こちらでは消費期限を使うのが一般的)。
例えば、現在私の住まいの冷蔵庫にある牛乳の製造年月日は2013年11月13日で消費期限は2014年5月13日です。もう開封して1ヶ月過ぎていますが、今でも少しずつ飲んでいます。ベトナムの牛乳は何か体によくない保存料でも入っているのでしょうか? 「どうして牛乳の消費期限がこんなに長いの?」とベトナム人に聞いても、「そうなの?」という返事が返ってくるだけで、ベトナム人からするとこれが当たり前らしく特に疑問を持つことでもないようです。 (崎)
19:51 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

乳幼児健診と本日のお客様

エファジャパンと自治労では2月の中旬から1週間
ベトナムからの客人を迎えていた。

HPの新着情報にもあるように、
ベトナム・ハイフォン市の社会福祉担当局の副局長で
今後ベトナムで障がい児に対する支援をしていく際の
ベトナム側の中心人物になるであろうタムさんという方だ。

来日したのは日本の障がい児施策に関する研修のためで、
法律や制度についての座学と都内の施設の視察を行なった。

私は約1週間のうちの2日間、施設の視察に取材を兼ねて同行。

私自身、障がい児に関する取組みについてはかなり無知なので
興味深く色々と見学させていただいた。
  続きを読む
16:42 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

日本のODA(政府開発援助)

アジアの国々で仕事をしていると、日本のODAを直接見る機会があります。

カンボジアの首都プノンペンの所々で道路を掘り起こして、下水道整備か何かの工事をしています。

現場に設置された日の丸の看板から察するに日本のODAと思われます。

この工事のせいで、ひどい交通渋滞が発生しています。

交通渋滞に巻き込まれた人々にとって、現場を通過するたびに目にする日の丸は、日本の工事のせいで交通渋滞が起き、いい迷惑だという印象しか与えないのではないでしょうか。

もう少し住民の視点に立った広報の方法があると思います。(大)
11:05 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする