2014年06月27日

できたらすごい

なぜか時期を同じくして同じような2種類のアイデアを目にした。

それは手話の翻訳機。


どちらも海外の学生が考案した機器で、
手や腕にちょっとした装置を付けて腕や指の動きを感知し
それを音声にするというもの。
 続きを読む
17:08 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

イラク情勢

イラクの情勢が緊迫化しています。

アメリカの政治アナリスト、ビル・シュナイダーは、「イラクは米国による国造りの大胆な実験だったが、結果的に大失敗となった。

米国が9年にわたるイラク戦争で成し遂げたものが消滅する様子を目の当たりにし、われわれはそのことを理解しつつある」とまで言っています。

2003年3月19日にアメリカとイギリスを中心とする連合軍がイラクに侵略し、5月1日には大規模戦闘の終結が宣言されました。

筆者は、その直後にイラクに入った経験があります。

復興関係の仕事に動員されていたアメリカの州兵達が、自分達の仕事に疑問をもっていたことから、占領政策がうまくいくとは思っていませんでした。

現在の情勢の緊迫化に対して、アメリカのオバマ大統領は、「各派の協力を保障する政治的計画なしに米国は軍事関与しない。イラク人の問題を最終的に解決するのはイラク人だ」と述べたそうですが、この言葉は、2003年の侵略前に言うべきでした。もっとも、彼は侵略当時の大統領ではありませんが。

占領後のまともな政治的計画もなしに侵略し、最終的な解決の責任もとらず、引き上げたアメリカ。

開戦直後に隣国ヨルダンで読んだ英字新聞には、「パンドラの箱が開かれた」というコラムが掲載されていたのを今でも覚えています。

まさしくパンドラの箱は開かれました。箱を閉めるのは、誰でしょうか。それまでに何人の人々が犠牲になるのでしょうか。(大)

引き倒されたサッダーム・フセインの銅像の台座(写真のデータによれば、日本時間2003年5月9日に撮影した。)
引き倒されたサッダーム・フセインの銅像の台座(写真のデータによれば、日本時間2003年5月9日に撮影した。)


21:38 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

中学生からの手紙

ホームページの方でも報告させていただきましたが、先月京都府舞鶴市立若浦中学校の生徒さんたちがエファへ訪問学習にいらっしゃいました。

修学旅行中に、グループに分かれていくつかのNGOを訪問することになっているそうで、エファをその一つに選んでくださったのです。

訪問学習では、写真や映像でエファの活動を紹介しました。
生徒さんたちはちょっと緊張した様子でしたが、スタッフの説明を聞きながら熱心にメモを取り、真剣に映像を見ていました。

そして先日、生徒さんたちから丁寧なお礼の手紙が届きました。
続きを読む
15:15 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

外務局で日本語を教える手伝い

現在、駐在地のハイフォン市の外務局から依頼を受けて、週2回仕事が終わった後ハイフォン市の公務員らに日本語を教える手伝いをしています。ベトナム人の先生が日本語を教えるのを補佐する形で手伝っています。

ハイフォン市には日本企業も多く進出し、最近では北九州市と姉妹都市協定を結ぶなど、ハイフォン市の公務員の人達は日本人に接する機会が増えてきています。そこで、今年4月から、ハイフォン市の外務局が公務員の希望者を対象に日本語の授業を開講することになりました。

当初は受講者を20人ほどと見込んでいたのですが、実際は40人ほどの登録があったため、2クラスに分けて1クラス約20人が授業を受けています。

私自身、日本語教師の資格はもちろん持っておらず、日本語を教えることにもそれほど関心がある訳ではないのですが、ベトナムの公務員相手に先生をするのも良い経験と思い、補佐をしています。

外務局からは謝金を支払うとも言われたのですが、あくまで責任のない立場で気楽に参加したいため、ボランティアとして参加しています。しかし、メインの先生が急用で授業に出られない時は、何の準備もせず代理で私がその場凌ぎの授業を決行することも(それでも案外何とかなるものです)。 

授業がある日、外務局の教室に行く途中、廊下で受講生に会うと、日本語で「先生、こんにちは」と挨拶してくれたり、授業中はこちらの言うことを「はい」と素直に聞いてくれます。

ベトナムには先生に敬意を払う習慣があるのと20代〜30代の若い受講生が多いのも一因だとは思いますが、普段はこちらの公務員の対応に苦心している私にとっては、「いやぁ〜、ベトナムの公務員も結構可愛いところあるじゃない」とちょっとした感激です。 

先生(もどき?)をしてみると、またベトナムの違った側面を見れて面白いです。(崎)
18:20 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする