2015年08月28日

辺野古の今

8月24日から26日まで、石川県金沢市で開催された自治労第88回定期大会に参加しました。

会場では、自治労沖縄県本部が辺野古での新基地阻止運動の写真を展示していました。
持参したタブレットで転写した写真を数枚掲載します。

henoko_01.jpg

henoko_02.jpg

henoko_03.jpg

以下、掲示からの引用です。

 「海上保安官、いわゆる『海猿』たちは、私達がまるで『テロリスト』であるかのような扱い振りでした。しかし、私達は武器一つ持っているわけではない。ただ、懸命に彼らに語りかけてきました。
 味方にはできないまでも、敵にはすまい・・この海に基地を造ろうとしているのは『海猿』ではないのだから。何故、私達がこの海の上で抗議の声を挙げているのか、古来育まれたこの海の類まれな豊さ・美しさ、それを破壊することの是非、そこに戦争のための『軍事基地』を、しかも地元沖縄の人々の民意を一顧だにせず強行建設することの是非、日本という国家の中で『沖縄』が置かれてきた立場、イクサの傷が未だ癒えずにいるこの地にさらにイクサの基地を造ろうとすることの酷さ、そして、彼らが私達を『排除』する際に使う『臨時制限区域・法令違反』という『根拠』自体のまやかし、・・・海上で、そして拘束されたゴムボートの上で、私達は一生懸命語りかけてきました。」

日本の国土面積の0.6%の沖縄県に、在日米軍専用施設面積の74%が集中している現実。

この不公正を正すために活動している人々に敬意と連帯の気持ちを表します。

(大)






17:27 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

久しぶりの日本の夏

昨日まで、日本に3週間ほど帰国していました。日本には年2〜3回帰国していますが、これまで夏に帰国することはなく、6年ぶりの日本の夏でした。

日本ではよく「暑いねえ」と言われるのですが、それほど日本の夏は暑く感じません。8月の日本とベトナムの気温は同じくらいなのですが、日本の場合暑くてもクーラーが至る所に設置されているのと、街並みが整然としているため、ごちゃごちゃしているベトナムの街並みよりも涼しい気持ちになれるのかもしれません。

特に農村部ではクーラーのある場所は少なく、多くの家庭では扇風機だけで夏を過ごしています。なので、この時期、農村部の人の体を触ると熱いです。

都市部に住んでいる自分の家にはクーラーがあり、四六時中クーラーを使っているため、私の体を触ると冷たくて気持ちいいようです(だからと言って、ペタペタ触ってくるのは止めて…)

今年の夏は私の家でも、夜になると3時間くらい毎日停電になる日が1週間くらい続いたことがありました。夏に停電になると暑くて何もできず、ただじっとして電気が回復するのを待ちます。

あと、日本の夏で良いのは、色々なジュースやアイスクリームがあって、毎年のように新製品がでていることです。ベトナムでは、ジュースやアイスクリームの種類が限られており、長期間居ると飲み/食べ飽きます。

日本では新商品を目にしても大して気にしませんが、ベトナムでは新しいジュースやアイスクリームが販売されているのを発見すると、「おっ」と言うような気持にさせられます。

日本に帰国すると色んな物を食べたくて、たくさん買うのですが食べきれずに結局置いて帰ります。

昨日も最後に日本の美味しいアイスクリームを食べようと思ってコンビ二で買ったのですが、既にお腹が一杯で食べれなく、ホテルの冷蔵庫に置いたままチェックアウトしました。 (崎)
19:17 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

8月と祖父の思い出

ここ数年、この時期になるとよく祖父を思い出すようになった。

大相撲と広島カープの熱狂的ファンで
酒豪(毎晩のようにビールの大瓶10本、とか)、
大きな声の(耳が遠かったから)話好きで
趣味は食べること、テレビ鑑賞、辞書を読むこと。

豪放磊落な人柄で家族の間には様々な逸話(笑い話とも言う)が残り、
亡くなって20年経っても親戚が集まれば祖父の話題になる。

家族の中で初めての孫だった私は
祖父がまだ若くて元気だった頃から
本当によく可愛がってもらった(と今になって思う)。

しかしこれは、普段の、私が覚えている祖父の姿。

私が大人になって自分の家族を持ち、
8月のこの時期考えるようになったのは
子どもだった私がよく知らなかった祖父のことだ。
続きを読む
15:09 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

今年のエファ国内事業

エファジャパンは、子どもの権利を実現するために活動しています。

権利の実現はユニバーサルで、活動の対象国はベトナム、ラオス、カンボジアだけでなく、日本国内も含まれます。

今年は、10月10日と11日の両日に西東京市で開催される「地方自治と子ども施策」全国自治体シンポジウムに、西東京市職員労働組合への支援を通じて協力します。

全体テーマは、「連携と協働による子ども支援・子育て支援−子どもにやさしいまちづくり−」。

分科会は、以下の通りです。
@ 子どもの相談・救済
A 子どもの虐待防止
B 子どもの居場所
C 子どもの参加
D 子ども計画
E 子ども条例
F 子ども支援・子育て支援と連携・協働

エファジャパンは、子どもの参加に関する分科会に参加する予定です。

(大)




09:38 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする