2015年09月25日

昨日のエファボラ

シルバーウィークいかがお過ごしだったでしょうか。
エファ事務局はカレンダーどおりにお休みをいただき、昨日からまた業務を開始しました。

そして昨日は、月に1度の事務局ボランティアデー(通称エファボラ)でした。
連休の中日にもかかわらず、4人のボランティアさんが参加してくださいました。続きを読む
15:54 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

ラオスに出張

今週水曜日からラオスに出張に来ています。

ベトナムのハノイから飛行機でラオスに移動すると、少し違う雰囲気に覆われます。

まずは、飛行機から降りて空港の職員を見ると、ラオス人のゆったりとした顔付きに癒されます。

気温的にもベトナム・ハノイよりもラオス・ヴィエンチャン都のほうが暖かいです。

到着ゲートから空港のロビーに出ても客引きは居ません(ハノイの空港も以前と比べれば、随分客引きは減りました)。

空港からタクシーに乗り、街に出ても人や車も多くなく、クラクションを鳴らす車やバイクはほとんどありません(ちなみにラオスではタクシーはヴィエンチャン都でしか走っていません)。

町並みも整然としてホッとした気持ちになります。

一方で、バリバリ働くビジネスマンだったら、ヴィエンチャン都は物足りなく思うかもしれません。

初めてヴィエンチャン都に来た人は、「どこがヴィエンチャン都の中心部だろう?」と迷うことがあります。

私も初めてヴィエンチャン都に来た時は、中心部に居ながら、こんなに小さい所が中心部とは思わず、歩いて探していました。

ゆったりとした雰囲気と穏やかな人柄ゆえ、「ラオスだけはこのままで居て欲しい」と言う外国人も少なくありません。

それでも、15年以上前にラオスに来たことのある人は一様に、ヴィエンチャン都も大きな建物が増え、随分様変わりしたと言います。

東南アジア諸国の中では発展が最も遅れているとは言え、物価も年10%以上の割合で上がっているらしいです。

また、外国人旅行者を狙ったスリや置き引きも増えています。

外国から人や資本が入ってきても、ラオスの人達は変わらないでいて欲しいものです。

(崎)
01:43 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

あたらしいポスター制作中

---------------------------------------------------
※全国で今回の水害の被害に遭われているみなさま
心よりお見舞いを申し上げます。
一刻も早い救助・救援と、早期の復興、
亡くなられた方のご冥福をお祈りしております。
---------------------------------------------------


現在来年1月に配布する書き損じハガキ募集のポスターを
デザインボランティアさんにお願いして制作中である。

小さいお子さんのいるワーキングマザーという
ただでさえ忙しい毎日なのに
ボランティアでエファのデザイン案件を引き受けていただいている。

現在は違う仕事をされているのだけれど、
以前はこうしたデザインを専門にされていたプロである。
続きを読む
16:47 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

はじめてのボランティア

この夏休みの間、エファ事務所にも小学生や中学生、高校生の方がボランティアに来てくれました。

生徒さんがボランティアをする姿を見て、自分がはじめてボランティア活動に参加したときのことを思い出しました。

私がはじめてボランティアに参加したのは、大学1年生のとき。
高校時代からボランティアに興味があったので、大学に入学して少し落ち着いた頃、学生部に行って掲示板で情報を探しました(ネットで探すということがまだ普及していなかった時代でした)。

早速見つけたボランティアは、交換留学で来た留学生をサポートする仕事。成田に到着した留学生たちを空港から宿泊先のゲストハウスまで案内し、夕食作りのサポートをするというものでした。続きを読む
17:22 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする