2016年06月25日

ベトナムでの児童中心型教育推進の難しさ 

多くの途上国では、教師が生徒に対して一方的に説明し、暗記中心の教師主導型の教育から、子ども達の関心や興味に基づいて能動的に学ぶ児童中心型の教育への転換が図られています。

それと並行して、先進国からの援助で多くの児童中心型教育のプロジェクトが途上国の学校で実施されてきました。

しかし、それらのプロジェクトでは、「児童中心型の教授法の研修を行なっても、すぐに教師が元の教師主導型の教授法に戻ってしまう」という課題がよく聞かれます。

ベトナムでも、1990年代から児童中心型の授業の導入が推奨され、他の途上国と同じようなプロジェクトが行なわれてきましたが、上記の課題を未だに抱えたままです。

その原因は幾つかありますが、ベトナム人の子どもの躾に対する態度を見ていると、ベトナム社会全体で「子どもを管理する」という考えが根強いことも一因のような気がします。

ベトナムの教師やその他の大人と話をする機会がある時に、子ども達を管理するのではなく、子どもにある程度自由を与えて自己管理ができる方向へ導くべきだと言っても、「日本は安全で生活環境も良いから、子ども達に自由を与えて、自己管理させるように仕向けることができる。でも、ベトナムには良くない人や悪い慣習がたくさん存在する。それらに関わらせることなく、子ども達をきちんとした良い大人に育てるには、子どもを細かく管理せざるを得ない」と言う返事が返ってきます。

社会は教育に影響を与え、そして教育も社会に影響を与えるように、相互に影響しあっています。

しかし、教師やその他の大人が子どもを管理する対象として考えている限り、今のベトナムでは教育現場だけで児童中心型に変えようとしても、社会という大波に飲まれ、消えていってしまっている気がします。

ベトナムの学校授業の質は上がってきていると思いますが、子ども達が創造力を働かして能動的に考える児童中心型の教育を実践できるようになるにはまだまだハードルが高いのかなと、感じています。

(崎)
11:07 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

しつこいようですが… 認定取得しました!

これまで数年をかけて準備をして来ましたが、
ついに6月14日、エファジャパンは認定NPO法人になりました!

エファジャパンWebサイトでも専用ページを作ってお知らせしています。

エファジャパンの会員やパートナーのみなさまには
別途お知らせをお送りしているほか、
今後しばらくは機会がある度に告知する予定です。

6月14日以降エファジャパンにご入金いただく
会費(正会員の会費を除く)、寄付・募金、支援金について
税制優遇が受けられるようになりました。
続きを読む
15:27 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

児童福祉法等の一部改正法案が成立

 急増する子ども虐待への対応を強化する「児童福祉法等の一部を改正する法案」が5月27日の参院本会議で、全会一致で可決、成立しました。この改正法により、子ども虐待の発生予防から虐待を受けた子どもの自立支援まで、多くの対応が強化されます。また、本改正法によって、児童福祉の理念が明確化されます。
 これまでの児童福祉法は、子どもを単に「保護の対象」と位置付けて来ました。しかし、本改正法によって、子どもは「児童の権利に関する条約の精神にのっとり」と明示され、「権利の主体」であることが明確化されます。改正児童福祉法は、日本の法律で「子どもの権利」を明確に規定した初の法律であり、画期的であると言えます。

 ここで、映画の紹介。
 日雇い労働者の街、大阪の釜ヶ崎で38年間続く子ども達の集いの場「こどもの里」。それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集いの場として在り続けてきました。このドキュメンタリー映画は、「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子ども達と、彼らに全力で向き合う大人達を映しています。
 まずは6月中旬から東京と大阪で公開され、その後全国で順次公開予定です。
  ■ポレポレ東中野:03-3371-0088
  ■第七藝術劇場:06-6302-2073

sato_omote.jpg

(大)


16:10 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

朝のひととき

毎朝出勤する前に子どもたち2人を保育園に送りに行っています。

最近は、下の子の方もひとりで着替えが出来るようになりました。(Tシャツを後ろ前反対に着ていることもよくありますが・・・(汗)。)
食べ終わった食器を流しまで運んでくれたりと、自分で出来ることも少しずつ増え、朝の支度も少しは楽になってきました。

・・・とはいえ、子どもたちの相手をしながら、家事やら保育園の荷物の用意やら、出かける準備で、朝はやることが盛りだくさん。
分刻みのスケジュールでバタバタと時間が過ぎていきます。
続きを読む
14:23 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする