2016年11月26日

ラオス・山岳地域への出張

先週〜今週にかけて、ラオス北東部のフアパン県へ出張に行って来ました。

フアパン県は山間部に囲まれた地域で、舗装されていない山道もたくさんあって四輪駆動車で移動しなければなりません。

道中、橋が壊れている川があり、浅瀬を車で渡ろうとしたところ、車のタイヤが岩と岩の間に挟まり、動かなくなってしまいました。

すると間もなく、近くの村の若者たちがどこからともなく20人くらい、車を押すのを手伝いに来てくれました。

言葉が分からない私は横に立ってずっと見ているだけなのですが、村の若者たちがとても賑やかに楽しそうに車を押します。

「助けてあげている」という雰囲気を全く感じさせない陽気な彼らの態度に、普段からこんな感じで互いに助け合いながら生活しているのかな、と感銘させられました。

川の中を皆びしょ濡れになりながら車を押し続け、1時間くらいして漸く車のタイヤを岩から引き上げ、車を川から押し上げることに成功しました。すると一斉に歓声が上がり、手伝いにくれた若者達は足早に去って行きました。

その時既に18時を過ぎ、辺りも暗くなっていたので、山道を移動するのは安全ではないとの判断から、その日の昼間に訪問していたタムラヌア村の人にバイクで迎えに来てもらい、車は川のほとりに停めたままにしてタムラヌア村に戻ることにしました。

夕食はこの村の家でご馳走になることになったのですが、家は木造の高床式住居で、日本の数百年前の家もこんな感じだったのかなと思わせるような造りでした。

家の中では御爺さんと高校生くらいの女の子2人、弟らしき小学生くらいの子1人が、薄暗い電気の中、火を付けた薪の周りに集まって、特に何をするのではなく、ひっそりと温まっています。

家には小さなテレビ以外特に何もなく、こんな環境では放課後家に帰宅しても勉強も出来ず、特に何もすることがないだろうなあ、と思う一方で、特に何かに急かされて生きているのではなく、貧しいながらも寄り添いながら家族一緒に住んでいる姿に、妙に共感させられました。

今日はここで寝るのかなあ、まあ一晩くらいなら経験としていいかな、と思っていると村の人が気を遣ってくれたみたいで、村で唯一のレンガ建ての家に移動し泊まることになりました。

レンガ建ての家に移動すると3GのモデムをPCに差し込み、仕事のメールをチェックしている自分に、「ああ、日本人だな」と実感しました。

(崎)
18:29 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

岡山に行きました

あぁ、気づかないうちに日付はもう11月(汗)。
年末まであと2か月も無いなんて…。

年によっては準備万端で新年を迎えることも(たまには)あるけれど
今年は12月の頭に1週間の出張も予定していて
きっと何やら訳が分からないまま年が明けてしまう予感(あぁ、焦)。


などという嘆きはさておき、まずはお知らせを2件ほど。
続きを読む
14:26 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする