2018年07月24日

一日も早く…

夏本番の8月前から、日本各地で今まで経験したことがない、
猛暑が続いています。
熱中症により亡くなる方も相次いでおり、文字通り、
「危険な暑さ」です。
十分に水分と休息を摂り、無理をしないでお過ごしください。

先週末、
東京にある岡山県・鳥取県と広島県のアンテナショップに
出かけました。

okayama01.jpg
=とっとり・おかやま新橋館
  (東京都港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス1F/2F)

hiroshima02.jpg
=ひろしまブランドショップ・TAU
 (東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング)

どちらのアンテナショップにも、大勢の人たちが
買い物に訪れていました。
現地に行かなくても、「何かをしたい!」
という思いを持っている方々が、
これだけ多くいらっしゃることに、素直に感動しました。

okayama02.jpg
=とっとり・おかやま新橋館にある募金箱

hiroshima03.jpg
=ひろしまブランドショップ・TAUの2階にある募金“樽”

goods.jpg
=各県の名産品を使った商品。美味しくいただきました!

先の豪雨で被害を受けられた方々は、
暑さも相まって、未だ困難な状況が続いていることと思います。
でも、多くの人たちがみなさまのことを思っています。
一日も早い復旧をお祈りしています。

(味)
12:11 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

ラオスの支援先で見え始めた自立への動き

多くの国際協力機関は、支援先の機関・施設が支援終了後も運営や活動を自分たちだけで持続していくことができるかに頭を悩ませています。

支援終了後も運営や活動を続けていくだけの人件費やその他諸費用を自分たちで賄っていく財政的基盤がない所は始めから支援対象から外すこともあります。

そのような財政的基盤を持たない所ほど貧しく、支援の必要性が高いケースがあるのですが、一方で運営を支援し始めると「いつまで続けないといかないのか、キリがない」という懸念が出てきます。

しかし、近年見られる東南アジア諸国の経済発展により、政府の税収入や住民の所得が増えるにつれ状況が少しずつ変わってきているのを感じます。

例えば、エファジャパンは自治労から支援をいただきながら、ビエンチャン都立図書館の運営やラオス図書館協会、学校図書館・図書室などの運営や活動を支援してきました(学校図書室に限っては一部個人や他団体からの支援)。

DSC02267.jpg
ビエンチャン都立図書館

2006年に自治労の支援で建てられたビエンチャン都立図書館は、開館直後から自治労が運営費や備品の一部を毎年減額しながら今でも支援し続けています。

CIMG9884.JPG
自治労の支援で購入した清掃道具など

基本的に政府からは図書館の職員の人件費と光熱費しか支給されていなかったため、これらの支援がなければビエンチャン都立図書館が運営を続けていくのは困難でした。

しかし、今年になり、ビエンチャン都立図書館を管轄するビエンチャン都情報文化観光局から初めて職員の給与や光熱費の他に運営費として30万円が支給されました。

今後、毎年同額程度の運営費が引き続き支給される予定です。十分な額ではないものの、自立した運営を行なっていくのには何とかやりくきる額です。

IMG_1387.jpg
ビエンチャン都立図書館多目的ホールでの子どもの日のイベント

また、エファジャパンはラオス図書館協会を2011年から支援しています。ラオス図書館協会も政府からの財政的な支援はほぼ無く、運営や活動を続けていくにはエファジャパンからの支援だけが頼みでした。

CIMG8364.jpg
エファジャパンの支援で開催したラオス図書館協会主催ワークショップ

しかし、今年からラオスの公共図書館や図書館関係者から会費を集め始め、初めて自主財源ができました。

ラオスの各学校での図書館・図書室の設置に関しては、エファジャパンは2008年から支援しています。ラオスでは未だに学校図書館・図書室の運営費を政府が財政的に支援することはありません。

従って2008年に学校図書館・図書室の設置を始めた当初から、設置後の運営費を賄うため、引き続き支援者の方に運営費の支援をお願いしていくしかありませんでした。

CIMG9820.jpg
自治労の支援で建てられた学校図書館

しかし、今では生徒の各家庭も少しずつ所得が増え、図書館・図書室の運営のための費用を毎年納めてもらうことが容易になり、自主財源を確保できるようになりました。

DSC00650.jpg
学校図書室で本を読む子どもたち

支援終了後、支援先が持続して運営・活動する財政基盤が整うまで10年かかるので、支援は10年後にならないと始めないと言えば、その10年間を生きる子どもたちは本を読む機会がないまま大人になってしまいます。

この10年間を生きる子どもたちのためにも継続して支援できるのは、労働組合の「運動」の一環として国際協力に取り組む自治労の支援の強みとも言えます。

ラオスの経済発展を見込んだ政府による税収の増加、家庭の所得の増加を見込んだうえでの継続支援が、最終的に各支援先機関、図書館・図書室の自立した運営・活動に繋がっていければ、一連のこれまでの支援も成功だったと言えるのかもしれません。

(崎)


13:12 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする