2010年12月28日

みなさん良い年を

エファ事務局も今日で年内は最後。

なんだかこのあいだ「新年度だー」
と言っていた気がするが(4月だったみたい)
あっというまに2010年も終わりである。

年末も近くなってくると
やはり過ぎし年を振り返ってみたりするのは
私がいい年をこいた中年だからだろう…。

黙っていても心身の成長著しい頃は
1年を振り返るなんて意味がないし
新年の抱負なんてアホくさい
と思っていたような気がする。


しかし、今となっては
ただ漫然と過ごせば仕事も人間も下る一方…

な気がするのは、
常に競争を求められた日本の教育を受けたおかげか、
はたまた勝ちだの負けだのと
向上せざるもの生きるべからずと言わんばかりの
現代社会の煽りをかわすことのできない弱さ故か。


いずれにしても
今の私が1年を振り返ってみるのは、
決して無為に過ごしたわけじゃないと
自分を納得させたいからなんじゃないだろうか。

実際よく考えてみれば、この1年で成したこと、
気づいたこともそれなりにあった
と思えなくもないような。

しかし、過去に自分がしたことをかき集めて
これもやった、あれも済ませたと安心するのは
いかにも器が小さくてなんかヤだな…。

まぁいいや。
とりあえず、今年1年も頑張ったことにして
自分を褒めておくことにしよう。


さて、エファに来て仕事の仕方が最も大きく変わったと思うのは、
急に思いついたこと、予定外のことでも
良い結果が期待できる場合には
「まぁ、試してみようよ」とチャレンジできちゃうことである。

ご存知のとおり(?)エファ以前の私は地方公務員。
公務の仕事は、失敗しないのが当たり前(と思われている)。
そんな職場では綿密な計画と正確な執行がものを言う訳で、
トライ&エラーが選択肢に入ることはあまりなかったと記憶している。

エファにきて数年、トライ&エラーできる喜びを噛みしめつつ
良かったもの駄目だったもの含めて
色々トライしてみたりしてきたのだが、
一方プライベートでは、仕事に反比例するように
ここ何年かは既定路線をひた走った気がする。

子どもがいればそれだけで
予測できない奇想天外な展開がやってくるので、
その他の部分ではなるべく決まったこと
計画したことを実行していく生活をしていたみたい。

どこかで安定する部分が
気持ち的に必要だったのかなー。

でも、
昔はそんなじゃなかったのにな…、
とふと思い出した。

なにかを思いついたりやってみたいと感じたら
すぐに実行に移すのが常だった。

でも最近は「思いつく」こと自体が少なかった上に、
「時間がない」と「面倒くさい」が幅を利かせて
それこそ新年の抱負として目標にでも挙げない限り
大きな尻が持ち上がらない日々。

でもそろそろそんな毎日にもさよならしたい気がしてきた。

少しフットワーク軽くしてみようかな。
(体は重くなったけれどもー)。


みなさんは一年を振り返ってみましたか?

たとえ今年がどんな年だったとしても
来年はきっともっと良い年になるに違いない!

みなさんが良い年を迎えられることを祈っております。


(宮)
12:14 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。