2015年06月26日

ベトナムから布袋が届きました

自治労の集会・大会などで毎年使っていただいているベトナムの布袋。

このブログでも何度かご紹介していますが、今年度からハイフォン市聾学校で職業訓練の一環として製作を開始しました。

昨年より色々と準備を進め、今年のはじめから製作を開始し、いよいよ完成時期に。聾学校へ発注した6500枚すべてが4月〜6月の間にエファ事務所に到着しました。

届いた布袋をご注文いただいた方々へお送りすべく、ボランティアさんの協力をいただきながら、布袋の検品・仕分け・発送準備を行なっています。

聾学校から届いた布袋がこちら。↓

2015布袋デザイン3種.JPG
聾学校での製作にあたり、デザインがこれまでの手刺繍からプリントに変わりました。今年のデザインは、ひつじ、ぞう、かにの3種。デザインはエファのデザインボランティアの方に作成していただきました。


DSC00552.JPG
↑こちらは7月に開催される自治労保育集会用に注文いただいた特注品。
集会の開催県である自治労山口県本部の方がデザインしました。山口の名産品「ふぐ」と「みかん」の風船を持った女の子(通称「ふぐみちゃん」)のかわいいデザインです。


聾学校で新たに布袋製作を開始するにあたっては、スケジュールどおりに無事届くか、作り直しになる袋が多く出てしまわないか…等心配したり、準備の過程でも試行錯誤がありました。
特に現場で対応してくれた駐在員、現地スタッフは大変だったかと思いますが、納期どおりに届いた布袋はしっかりと縫製され、丁寧に作られていました。
これも聾学校の先生や生徒さんたちが以前の布袋と同じような質が保てるように・・・と、慎重に作業を進めてくれたおかげだと思います。
届いた布袋を手にしたときは、関係者みなさんの努力が形になり、うれしく思いました。

聾学校での1年目の製作が無事終わり、まずはほっと一安心。
今後の改善点などを現地とも相談しながら、来年度以降の布袋の製作に活かしていければ・・・と思っています。

(五)


16:36 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。