2017年02月21日

おやつとカレーライス

自治労千葉県本部のボランティアツアーの続きです。

活動中の2日間、調理部隊のメンバーがSCADPの子どもたちに、おやつとして、1日目はカップケーキ、2日目はフルーツポンチを提供してくれました。
また、2日目夜の交流会では食べ放題のカレーパーティーをしました。

フルーツポンチにお代わりの列
フルーツポンチにお代わりの列.JPG

みんなでカレーの芋むき
みんなでカレーの芋むき中.JPG


実は出発前、メニューを何にするか、侃々諤々の議論がありました。子どもたちが普段見たこともないような豪華メニューで楽しませるのか、あるいは彼らの日常を大切にするのか。
そもそも活動として何を選ぶのか、支援物資として何を持っていくのかでも、チームが決裂しかねない大論争がありました。

現地の情報は少なく、人によって考え方は様々です。正解はないし、これがベストと思っても、現地に行ったら違うかもしれない。でも、自分たちで最後まで考えようとするチームの皆さんの姿に、私は感銘を受けたのでした。

バルーンアートは大盛況
バルーンアートは大盛況.JPG

オセロゲーム、大人げない戦いが続く
オセロゲーム、大人げない戦いが続く.JPG


活動が成功だったのか失敗だったのか、それはチームの皆さんが決めること。
でも、子どもたちの笑顔を見れば、答えはおのずと分かります。

シャボン玉とんだ
シャボン玉とんだ.JPG

カンボジアで子だくさん
カンボジアで子だくさんになりました.JPG


SCADPのスタッフは子どもたちへの愛情に満ちていますが、いかんせん、大人の数が少ない。
子どもたちはチームの皆さんとたくさん交流できて、よほど楽しかったのでしょう。皆さんが帰った後、数日間は脱力したように過ごしていました。


現地との間に立ち、オーダーメードの受入準備をする私にとって、これほど大変なツアーはありませんが、
でも、これほど子どもたちの笑顔が輝くツアーもないように思います。

また、子どもたちの笑顔に会いに来てください。お待ちしています。
(小)

心をこめて、感謝の舞
IMG_3074.JPG



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。