2017年10月09日

障がい児者のいる貧困家庭の収入向上支援

エファジャパンは、ハイフォン市ソーシャルワークセンターや町・村の人民委員会と協力して、ダイバン村と二エムギア町の障がい児者のいる貧困家庭10世帯の収入向上支援を始めました。ダイバン村ではエファジャパンが障がい児クラブの活動も支援しており、今回の支援家庭の子ども達もこの障がい児クラブのメンバーです。

支援内容は各家庭の状況によって、家や路地での飲食の販売、床屋の営業、農業など異なっており、日本円で1世帯最大5万円を支援します。

今回は、これらの支援する3つの家庭を紹介します。

1.ダイバン村:タム(仮名)さん一家
タムさん(45歳・女性)には、2人の子どもがいます。息子は結婚して自立していますが、中学生4年生の娘は精神疾患です。夫は蒸発していません。タムさんはダイバン村小学校の前の路地で、駄菓子やジュースを売って収入を得ています。1ヵ月の収入は大体2,000,000ドン(約10,000円)/月で、他に政府から精神疾患の娘に540,000ドン(約2,700円)の手当が支給されています。

タムさん一家には、パンやソーセージを焼く器具を支援する予定です。

DSC08040.jpg
タムさんの売り場

DSC08041.jpg
タムさんに聞き取り

2.ダイバン村:トアン(仮名)さん一家
トアンさん(34歳・男性)は、事故に遭って体を十分に動かすことが出来ません。トアンさんの家族には、妻と子ども2人がいます。小学校2年生の息子は、注意欠陥・多動性障がいの症状が見られ、2歳の娘は心臓病を患わっています。トアンさんは外に働きに行くのが困難で、妻は家族の世話をしながら、トアンさんと一緒に家で鶏を飼ったり、もやしを栽培・販売したり、他人の散髪をしたりして収入を得ています。一家の収入は大体1,500,000ドン (約7,500円) /月で、他に政府からトアンさんに389,000ドン(約1,950円)/月と心臓病の娘に540,000ドン(約2,700円)/月の手当が支給されています。

トアンさん一家には、床屋の開店やもやしを栽培・販売する設備整備ための支援をする予定です。

DSC08049.jpg
トアンさん宅

DSC08059.jpg
このスペースに一家4人で暮らす。写真中央の子は、心臓病を患っている2歳の子。

3.二エムギア町:マイ(仮名)さん一家
マイさん(43歳・女性)は、軽度の精神疾患を患わっています。マイさんには、背中に障がいを抱えている姉と暮らしている他、中学校4年生と小学校4年生の二人の娘がいます。マイさんもマイさんの姉も会社勤めするのは難しく、一緒に路上でジュースやお茶を販売し、収入を得ています。娘二人も時々販売を手伝っています。一家の収入は、大体1,000,000ドン(約5,000円)/月で、他に政府からマイさんには405,000ドン(約2,000円)の手当が支給されています。

マイさん一家には、サトウキビジュースを作って販売するための器具一式を支援する予定です。

DSC08100.jpg
マイさんの売り場。マイさんとマイさんの姉に聞き取り。

経済成長を遂げているベトナムでは貧富の格差が急激に拡大しています。都市部では月収10万円以上の所得を得る人も出てきた一方で、紹介した家族のように発展から取り残され、大変な生活を送っている人たちも少なくありません。特に、障がい児者がいる貧困家庭は、ベトナムの中でも最も厳しい生活環境に置かれています。

彼ら家族が抱える負担、哀しみを少しでも軽減していきたいと思います。

(崎)

15:35 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。