2019年02月19日

自治労千葉県本部カンボジアでの活動

自治労千葉県本部の10名が2月10日〜16日の間、カンボジアを訪問しました。

今回の訪問の目的はカンボジア・プレアビヒア州で、エファジャパンの協働パートナーである、現地NGO・SCADP(Street Children Assistance and Development Programme)が運営する児童保護施設での修繕作業と、首都プノンペンでSCADPが同じく運営する児童保護施設で子どもたちと交流することです。

2月10日の深夜に日本を出発されたご一行は、同日の夕方にカンボジア・プレアビヒア州に到着しました。

DSC00448.jpg
到着直後、SCADP代表と面会

気温5℃前後の千葉からカンボジア・プレアビヒア州に来られましたが、こちらの気温は日中35℃超え!

自治労千葉県本部到着の前日に現地入りし下見をしていた私は、「この暑さの中、本当に作業するの?」という言葉が頭の中を駆け巡っていました。

しかし当日、私の心配をよそに、参加者の皆さんは作業に打ち込んでいました。

この児童保護施設には貧困や虐待、孤児など、様々な理由で親と一緒に暮らせない子どもたち45名が生活しています。

自治労千葉県本部には2年前にも同施設で修繕作業をしていただきましたが、今回は男子寮の屋根の張り替えと幼稚園の壁のペンキ塗り・装飾をしていただきました。

DSC00492.jpg
男子寮屋根根の張り替え

DSC00554.jpg
強い日差し。この時の気温は36℃!

「目玉焼き状態です(笑)」と言いながら、作業してくれました。

IMG20190212173346.jpg
完成!これで雨漏りの心配もなくなります!

DSC00526.jpg
こちらは幼稚園のペンキ塗り。まずは、壁を全体的に肌色に塗り、それから木の絵を描きます。

DSC00539.jpg
その後、子どもたちも参加して、楽しそうに壁にペタペタと手形を付けていきます。

DSC00578.jpg
完成!

DSC00569.jpg
教室内も日本から持ってきた動物の絵柄を貼って装飾しました。

幼稚園が明るい雰囲気になりました。

作業の合間に子どもたちと交流。

DSC00459.jpg
手品

DSC00497.jpg
散髪

DSC00476.jpg
サッカー

料理班は料理を担当。

DSC00567.jpg
女性が中心となって調理。

DSC00513.jpg
夕食1日目はカレー。

DSC00584.jpg
夕食2日目は餃子スープとおむすび。子どもたちも一緒におむすびを作ります。

DSC00523.jpg
みんなで一緒に食べます。

とにかく暑かった… この暑さの中での作業は普通の日本人にはできないと思いました。

自治労千葉県本部のメンバーの皆さんには、ただただ感心させられました。

その後プノンペンに移動して、2月16日はプノンペンの児童保護施設で子どもたちと交流。

DSC00658.jpg
子どもたちとの触れ合い。

DSC00671.jpg
一緒に夕食。

IMG20190216185100.jpg
日本から持ってきた文房具を子どもたちに配布。

参加者の皆さんがカンボジアの子どもたちのことが凄く好き!ということが伝わってくるツアーでした。

(崎)
13:24 | Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。